2024.03.31
Salon.du.RAN新聞 2024年4月号
こんにちは!

今月は肌ケアにも深くかかわっている

腸のケアについてです

【腸活】とは

腸内環境を整えて腸の働きを正常にすることです。

腸内細菌には、人体に良い影響を与える【善玉菌】と

悪い影響を与える【悪玉菌】

どちらでもない【日和見菌】があり、

腸内環境はこれらの腸内細菌のバランスで決まります。

悪玉菌が多い「悪い腸内環境」になると、

便秘や下痢、肌荒れなどになりやすいといわれています。

<腸活のメリット> 

◆便秘・下痢の改善
◆免疫力が向上
◆動脈硬化予防

<腸内環境の見分け方>

便を見ると、腸内環境を大まかに知ることができます。

便が黄褐色で臭いが強くなければ、

腸内環境は良い状態にあるといわれています

<どんな食べ物を食べれば良いの>

「プロバイオティクス」と呼ばれる、

ビフィズス菌や乳酸菌などの生菌製剤および

ヨーグルトなどの食材を摂取すると、

善玉菌の割合が高まり腸内環境は良くなります。

しかし、食事から取り込んだ菌は、腸内に定着できないため

継続して摂取し続けるのが理想的です。

 <善玉菌を直接摂取できる食べ物>

乳酸菌・ビフィズス菌

ヨーグルト チーズ 漬物 納豆 キムチ 乳酸菌飲料    

<善玉菌を増やす作用がある食べ物> 

◆食物繊維      
キノコ類 豆類 野菜類 ごぼう 大麦 ひじき 玄米

◆オリゴ糖
たまねぎ 大豆 アスパラガス にんにく ねぎ バナナ コーヒー

<悪玉菌を増やす物>

食品添加物 砂糖 人工甘味料 アルコール ストレス

動物性たんぱく質や脂質の多い食事に偏ってしまうことも

悪玉菌が増える原因になりますので注意が必要です! 

食事はもちろんですが、適度な運動と適切な睡眠も大切です!

無理なくストレスを感じないよう適度な範囲で行うことがオススメです。

免疫力を高める意味でも、腸内の善玉菌の割合を増やし、

悪玉菌の割合を減らすように腸内環境を改善することが重要です。

毎日コツコツと腸活を意識して過ごしてみましょう

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記赤日 が休業日となります。