2023.11.30
Salon.du.RAN新聞 2023年12月号

今月は、先月の続編「洗顔」についてです!

「朝はノーメイクなので洗顔のみです」なんて方はいないですか!?

【クレンジング=メイク落とし】のイメージが強いと思いますが、

【クレンジング=毛穴汚れを浮かせるもの】です!

毛穴の皮脂をそのままにしないで、しっかり浮かせてあげましょう。

ジェルやローションの浸透も良くなります。

 

●洗顔のポイント●

  キメの細かい泡をつくる!

ハリ・弾力があり、なめらかなキメ細かな泡で洗うのがポイントです。

片手のひらに山盛りくらいの量で手をひっくり返しても流れない泡を作りましょう。

細かな泡が肌のキメの奥に入り込むことで、刺激を与えずにしっかり洗浄することができます。

手で上手に泡立てできない方は泡立てネットや洗顔泡立器を使用すると簡単に作れます。

 

  丁寧にやさしく1分間洗う!

クレンジング後の濡れた状態の顔に、たっぷりの泡をTゾーン~全体にのせて、

擦らず泡を転がすように丁寧にやさしく、1分間なでるように洗ってゆきます。

ザラツキが気になるからといって擦っては×!摩擦で肌にダメージを与えることになります!!

  水温は3132℃! 

クレンジング後、ぬるま水でパシャパシャと40回~50回すすぎます。

この時も、肌を擦らないように十分に気をつけましょう。

すすぎ残しが無いように生え際や、フェイスラインも気をつけましょう。

  やさしくタオルオフ!

すすぎが終わったら柔らかいタオルで擦らないように押さえて水分をとります。

タオルは1回使ったら雑菌が発生しやすいので、洗濯後の未使用のタオルを使ってくださいね。

最近ドラッグストアでも見かける≪洗顔用ペーパータオル≫は肌への刺激も少なく、

使い捨てなので衛生的とのことで話題になってますね。

  洗顔後は素早く保湿!

洗顔後の肌は、潤いを守るバリア機能が弱まっている状態なので大変乾燥しやすいです。

素早い保湿を心がけましょう!洗顔後にツッパリ感がある場合は洗顔をお休みして、

クレンジングのみした方がいい場合もあります。ご相談くださいね。

★洗顔固形石鹸は肌や環境に優しいイメージがありますが、

石鹸はphが高く肌を乾燥させやすいので、シワの原因になるとされています。

また、石鹸が濡れた状態だと雑菌が付きやすいので保管にも注意が必要です。

 

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
上記赤日 が休業日となります。